FA939760-0364-4467-A3AB-B548FFAC6A03.jpeg

こんにちは!

〜3か月で心・体の波から卒業!〜

自分を認め、自分のまんまを生きる!

ヨガ哲学/自律神経調整専門ヨガ講師

『自己知癒ヨガ』創始者

サラスワティゆきです

 

『自己知癒ヨガ』

ヨガ&ヨガ哲学3か月実践講座

<個別説明会&相談会>詳細コチラから♡

 

o1080020014932366285.jpg

 

 
 
Q, 「心のコントロール」って具体的にどうやるの?

 

皆様感情とのお付き合い、

どうされていますか??

 

【前回に続き、こんなご質問へお答えしています♪】

Q、「自己治癒ヨガでは、「心のコントロール」って

どうやって身に着けていくのですか?

 

不安をポジティブな考えに変えよう!

とするのですか?

 

心の変化の具体的な仕組みを知りたい!」

 

 

A, 「心をコントロール心がしずまる」

が起こるのに必要なのは、この3つです!

 

①「気」の状態を整えること。

心のコントロールって具体的にどうやるの? | ヨガマインドで心と体をゆるめ、自分らしい生き方になる!『自己知癒ヨガ』 (ameblo.jp)

 

②そのままの自分をジャッジせず、

客観視できるようになること。

↑今日はココ!!

 

 

③自分軸な自分に良い考え・行動・

コミュニケーションを選べるようになること。

 

 

これを分かって練習すると、

気持ちのコントロールが容易になります!

 

 

 

 

 「心をコントロールすること」と「心を抑圧すること」は違う!

心が揺れた時、皆様はどう対処していますか?

 

◆レッスンを始めた生徒さんからよく聞くのが、

 

「あまり深く考えないようにした。」

「大丈夫って思うようにした。」

「気にしない様にした。」

「こうやってポジティブにに考えるようにした。」

 

・・・

という対処法!

 

これで、本当に心が澄んだり、

ふっと軽くなっているのであればそれは、

心の波が静まった。」ということになります。

 

自分で適切なケアをして、

心がコントロールされたということ!

 

その時セルフチェックしてほしいのが、

 

Q、本当に心からそう感じられましたか?

Q、もうそのモヤモヤは出てこなくなりましたか?

Q、その時、呼吸も表情も穏やかで体も力が抜けていましたか?

 

ということ!

 

 

なぜなら、そうでなければ、

心をコントロールした。」というより、

思い込ませた。」「本音を抑圧した。

ということになってしまうから!

 

 

そうするとどうなるのか?

本当は心はついていっていないので、

抑圧した感情は残ったまま。

一旦対処したつもりでも、持ちません。

満杯になって、溢れてしまい、

 

 

①神経を緊張させ自律神経を乱し、

体に、不眠/頭痛/凝り/動機など・・・

ナゾの不調として現れます。

 

②ふとした時の不安感や漠然とした不安

ソワソワ/イライラとして現れます。

 

 

このように、

 

心の抑圧する」「思い込ませる」という対処では、

本当は心が影響を受けたまま!

長く続けると神経系の病気を始め、不調にになります。

 

一方、

 

心をコントロールする」というのは、

本当に心が影響を受けておらず、

真に軽くなった状態。

 

 

目指したいのは、後者。

心をコントロールすること♡ですね!

 

 

「客観視」で心をコントロールが容易になる!

「心をコントロールする」というのは、

本音に蓋をせず、

どんな感情もネガティブな考えも不安も

認め、許し、冷静に理解し、そのうえで、

その根っこを紐解きゆるめてあげること!

 

 

これが本質的で持続的な、

心とのお付き合い法&

心から神経や体をもゆるめるということ!

 

 

以上を踏まえて、本題。

心をコントロールするために必要な2つ目のスキル!

 

 

『そのままの自分をジャッジせず、

優しく冷静な目で客観視できること!』

が何故、必要なのか??

 

◆イメージしてみて下さい。

 

Q、骨折した時、どうやって治しますか??

 

A、

 

①まず、そのままを知ろうと、診ますね!!

 

・いつどうやって折れたのか?・・・

・どこで何が起こっているのか?・・・

・どんな時に痛むのか?・・・

 

 

②適切なケアをしますね!!

 

分かったことに合わせて、

適切な方法と期間をかけて、

徐々に骨を戻していきますね!

 

これは①そのままを見るが出来てこそ!

どんな状態だとしても、そこに目を背けたり、

ないことにしたりせず、よーく正しく観察しますよね♪

 

なぜなら、原因・現状など

何が起こっているか正しくわかれば、

対処があるから!

 

 

③再発を防止しますね!!

 

同じようなことが起こらない様に、

正しい歩き方を学んだり、

歩き方の「クセ」や「歪み」を必要な

方法・時間をかけて身に着けるといいですね♪

 

折れやすいタイミング・パターンを知って置くことも、

自分を守るために、とても役立ちますね!

 

 

ーーー

 

 

以上!

そのまま心に置き換えてみて下さい^^

 

「こんな考えをもってはダメ。」
「こんな感情はダメ。」
「ポジティブに考えなきゃ。」
は一つも必要なく!!

まず、そのまま知る!!

「へ~!!私、こういう風に感じているんだ!」
「へ~!要はそれが嫌だったんだね!」
「へ~!こんな想像をしているんだね!!」
「へ~!それが本当の望みだったんだ!」

と、知ること・気づくで初めて、
「自分のクセ」「思考の歪み」「思い込み」
に気が付くことが出来るのです。

オトナになって、思考の歪みの一つやひとつ
(いや、1万個くらい。)あって普通のことですが、
それがあまりに自分を苦しめるクセだとしたら、
軽くしてあげたいですよね♪

その為に、
フラットな目で自分に気が付けるよう
育てていきたいのが「自分への客観視力!」

これがあると、
自分へのジャッジも「こうあるべき」も
「これはダメ」からも一旦自由になって、
そのままを見ることが出来るのです!

 

今日レッスンをしたH様も♪

そうして自分の感情や考えと一歩距離を置いて

観る練習の最中!

 

 

本当は弱くて怖がりでギリギリな自分も含め、

どんな自分も見るって、勇気がいりますね。

でも、方法を知って、練習すれば大丈夫!

 

 

自分の持っていた考えに気が付いて、

自分、こわっ!!ちょっとおかしかったね^^;

と笑っちゃいました^^

 

 

そうすることで、

・知らずに自分を苦しめていた考え

・必要以上に厳しい自分への声

などなど。

過剰になっていた部分に自ら気づき、

適切なケアも学ぶことで、

ゆるめてあげられるようになっていくのです。

 

 

これが、

『そのままの自分をジャッジせず、

客観視できるようになる練習』

で心の波が静まる。

心のコントロールが容易になる理由でした。

 

 

わたしたちは他の誰でもない、

自分からの気づきで、

自分をしていくことが出来ます。

 

 

自分とがり、どんな自分もまずつめて

知ろうと理解してあげる目さえあれば、

自分の中にしは起こる・・・。

 

 

だから

私や先生がすることは何もなく♪

 

 

ご本人の中にそんな力があります。

これこそが誰もに備わった

心と体の知癒力=治癒力だなぁと

思うのです。。

 

 

 

とはいえ客観視が難しい!!

という方は、①から始めましょう^^⇓⇓⇓

心のコントロールって具体的にどうやるの? | ヨガマインドで心と体をゆるめ、自分らしい生き方になる!『自己知癒ヨガ』 (ameblo.jp)

 

 

 
今日のまとめ

「心をコントロールすること」は、

「心を抑圧すること」ではない!

 

無理に・思い込ませる・努力する

チカラづくでは

本質的に心身はゆるまない。

 

どんな感情も考えも、

持ってはいけないものは一つもないとして、

そのままの自分をまず知るコト。

 

フラットな目で

その自分を見る目が育つほど

 

自分の中に気づきが起こり、

知らずに身に着けた

心を重たくするものは手放される!

 

本音へ一つも蓋をせず、

そのままの自分へ一つもジャッジなく、

観察する練習からはじめよう!

 

o1080020014932366285.jpg

 

⁡★内面から健康を感じ、

心から思いっきり笑って過ごしたい!

 

★自分を知って、どんな自分も認め、

 自分のまんまを生きたい!

 

★自分と大親友&健康になれる

一生モノのヨガの智慧&術を身につけたい!

〜自分を認め、

自分のまんまを生きたいあなたへ〜

鍼やマッサージに行かなくても!

漢方や頭痛薬、睡眠薬なしで!

 

生きる術としてのヨガとヨガ哲学の実践で

心・体の声と繋がり、

自分を知って、自分を癒す。

 

そして本来備わる自律神経の働き、

治癒力を最大限に引き出し、

心からの笑顔と健康へと導きます^^

5年間、心身の声を無視し続け、

何をしても

自律神経の不調や気持ちの波から

卒業できなかった私が

 

鍼/マッサージ/クスリいらずの健康体で

自分を認め、〝自分のまんま”を

生きられるようになった

インド伝統ヨガとヨガ哲学の術。

 

そして、

Q、同じことを日本で、多忙の日々で、

当時のボロボロな自分でも

自分らしく続いて本当に変われるには?

 

と似た悩みを抱える300人以上の方へ

届けながら研究を繰り返し、

磨いてきた『自己知癒ヨガ』メソッド。

 

『ヨガ&ヨガ哲学3か月実践講座』

はその最新版&集大成。

 

お悩みに合わせた

指導やセルフケアの提案はもちろん!

生きる術としてのヨガの本質『ヨガ哲学』

ポーズや呼吸法(調気法)、

内観、自己対話、瞑想まで・・・

 

心・体の波に、もう振り回されない!

自分を認め、自分のまんまを生きる!ための

『自分を知って、自分を癒す』

その術の全てが

詰め込まれた内容になっています。

 

なぜなら心の波も体の波も、

自分の中のことだから。

・誰かに診てもらう

・外からほぐす/抑える

・一時的な気晴らしやリラックス

 

などの表面的/一時的な方法で5年間、

苦しみに時間を使ってしまいながらも、

感覚がマヒしてそこに居続けてしまった私が

私が本当に伝えたいこと。

 

本来、人生はヨロコビだ、ということ。

 

もし今、以前の私と似た心/体の波や

モヤモヤを抱えていたら、

 

1秒でも早くそこから抜けだし、

「自分らしく思い切り笑う笑う時間」⁡「ヨロコビ」

に人生の貴重な時間を使ってほしい。

 

♡幸せになる努力はいくらでも。

♡何度でも、どこからでも。

 

あなたの根っこの部分に潜む

根本解決と向き合ってみませんか?

本気で変わりたい!方を

全力でサポート、応援します!

3BF65CFB-5441-4D92-A075-B40D50992BE7.jpeg

『自己知癒ヨガ』

ヨガ&ヨガ哲学3か月実践講座

<個別説明会&相談会>詳細コチラから♡

 

 

FA939760-0364-4467-A3AB-B548FFAC6A03.jpeg

こんにちは!

〜3か月で心・体の波から卒業!〜

自分を認め、自分のまんまを生きる!

ヨガ哲学/自律神経調整専門ヨガ講師

『自己知癒ヨガ』創始者

サラスワティゆきです

 

『自己知癒ヨガ』

ヨガ&ヨガ哲学3か月実践講座

<個別説明会&相談会>詳細コチラから♡

 

o1080020014932366285.jpg

 

 
 
Q, 「心のコントロール」って具体的にどうやるの?

 

皆様感情とのお付き合い、

どうされていますか??

 

【前回に続き、こんなご質問へお答えしています♪】

Q、「自己治癒ヨガでは、「心のコントロール」って

どうやって身に着けていくのですか?

 

不安をポジティブな考えに変えよう!

とするのですか?

 

心の変化の具体的な仕組みを知りたい!」

 

 

A, 「心をコントロール心がしずまる」

が起こるのに必要なのは、この3つです!

 

①「気」の状態を整えること。

心のコントロールって具体的にどうやるの? | ヨガマインドで心と体をゆるめ、自分らしい生き方になる!『自己知癒ヨガ』 (ameblo.jp)

 

②そのままの自分をジャッジせず、

客観視できるようになること。

↑今日はココ!!

 

 

③自分軸な自分に良い考え・行動・

コミュニケーションを選べるようになること。

 

 

これを分かって練習すると、

気持ちのコントロールが容易になります!

 

 

 

 

 「心をコントロールすること」と「心を抑圧すること」は違う!

心が揺れた時、皆様はどう対処していますか?

 

◆レッスンを始めた生徒さんからよく聞くのが、

 

「あまり深く考えないようにした。」

「大丈夫って思うようにした。」

「気にしない様にした。」

「こうやってポジティブにに考えるようにした。」

 

・・・

という対処法!

 

これで、本当に心が澄んだり、

ふっと軽くなっているのであればそれは、

心の波が静まった。」ということになります。

 

自分で適切なケアをして、

心がコントロールされたということ!

 

その時セルフチェックしてほしいのが、

 

Q、本当に心からそう感じられましたか?

Q、もうそのモヤモヤは出てこなくなりましたか?

Q、その時、呼吸も表情も穏やかで体も力が抜けていましたか?

 

ということ!

 

 

なぜなら、そうでなければ、

心をコントロールした。」というより、

思い込ませた。」「本音を抑圧した。

ということになってしまうから!

 

 

そうするとどうなるのか?

本当は心はついていっていないので、

抑圧した感情は残ったまま。

一旦対処したつもりでも、持ちません。

満杯になって、溢れてしまい、

 

 

①神経を緊張させ自律神経を乱し、

体に、不眠/頭痛/凝り/動機など・・・

ナゾの不調として現れます。

 

②ふとした時の不安感や漠然とした不安

ソワソワ/イライラとして現れます。

 

 

このように、

 

心の抑圧する」「思い込ませる」という対処では、

本当は心が影響を受けたまま!

長く続けると神経系の病気を始め、不調にになります。

 

一方、

 

心をコントロールする」というのは、

本当に心が影響を受けておらず、

真に軽くなった状態。

 

 

目指したいのは、後者。

心をコントロールすること♡ですね!

 

 

「客観視」で心をコントロールが容易になる!

「心をコントロールする」というのは、

本音に蓋をせず、

どんな感情もネガティブな考えも不安も

認め、許し、冷静に理解し、そのうえで、

その根っこを紐解きゆるめてあげること!

 

 

これが本質的で持続的な、

心とのお付き合い法&

心から神経や体をもゆるめるということ!

 

 

以上を踏まえて、本題。

心をコントロールするために必要な2つ目のスキル!

 

 

『そのままの自分をジャッジせず、

優しく冷静な目で客観視できること!』

が何故、必要なのか??

 

◆イメージしてみて下さい。

 

Q、骨折した時、どうやって治しますか??

 

A、

 

①まず、そのままを知ろうと、診ますね!!

 

・いつどうやって折れたのか?・・・

・どこで何が起こっているのか?・・・

・どんな時に痛むのか?・・・

 

 

②適切なケアをしますね!!

 

分かったことに合わせて、

適切な方法と期間をかけて、

徐々に骨を戻していきますね!

 

これは①そのままを見るが出来てこそ!

どんな状態だとしても、そこに目を背けたり、

ないことにしたりせず、よーく正しく観察しますよね♪

 

なぜなら、原因・現状など

何が起こっているか正しくわかれば、

対処があるから!

 

 

③再発を防止しますね!!

 

同じようなことが起こらない様に、

正しい歩き方を学んだり、

歩き方の「クセ」や「歪み」を必要な

方法・時間をかけて身に着けるといいですね♪

 

折れやすいタイミング・パターンを知って置くことも、

自分を守るために、とても役立ちますね!

 

 

ーーー

 

 

以上!

そのまま心に置き換えてみて下さい^^

 

「こんな考えをもってはダメ。」
「こんな感情はダメ。」
「ポジティブに考えなきゃ。」
は一つも必要なく!!

まず、そのまま知る!!

「へ~!!私、こういう風に感じているんだ!」
「へ~!要はそれが嫌だったんだね!」
「へ~!こんな想像をしているんだね!!」
「へ~!それが本当の望みだったんだ!」

と、知ること・気づくで初めて、
「自分のクセ」「思考の歪み」「思い込み」
に気が付くことが出来るのです。

オトナになって、思考の歪みの一つやひとつ
(いや、1万個くらい。)あって普通のことですが、
それがあまりに自分を苦しめるクセだとしたら、
軽くしてあげたいですよね♪

その為に、
フラットな目で自分に気が付けるよう
育てていきたいのが「自分への客観視力!」

これがあると、
自分へのジャッジも「こうあるべき」も
「これはダメ」からも一旦自由になって、
そのままを見ることが出来るのです!

 

今日レッスンをしたH様も♪

そうして自分の感情や考えと一歩距離を置いて

観る練習の最中!

 

 

本当は弱くて怖がりでギリギリな自分も含め、

どんな自分も見るって、勇気がいりますね。

でも、方法を知って、練習すれば大丈夫!

 

 

自分の持っていた考えに気が付いて、

自分、こわっ!!ちょっとおかしかったね^^;

と笑っちゃいました^^

 

 

そうすることで、

・知らずに自分を苦しめていた考え

・必要以上に厳しい自分への声

などなど。

過剰になっていた部分に自ら気づき、

適切なケアも学ぶことで、

ゆるめてあげられるようになっていくのです。

 

 

これが、

『そのままの自分をジャッジせず、

客観視できるようになる練習』

で心の波が静まる。

心のコントロールが容易になる理由でした。

 

 

わたしたちは他の誰でもない、

自分からの気づきで、

自分をしていくことが出来ます。

 

 

自分とがり、どんな自分もまずつめて

知ろうと理解してあげる目さえあれば、

自分の中にしは起こる・・・。

 

 

だから

私や先生がすることは何もなく♪

 

 

ご本人の中にそんな力があります。

これこそが誰もに備わった

心と体の知癒力=治癒力だなぁと

思うのです。。

 

 

 

とはいえ客観視が難しい!!

という方は、①から始めましょう^^⇓⇓⇓

心のコントロールって具体的にどうやるの? | ヨガマインドで心と体をゆるめ、自分らしい生き方になる!『自己知癒ヨガ』 (ameblo.jp)

 

 

 
今日のまとめ

「心をコントロールすること」は、

「心を抑圧すること」ではない!

 

無理に・思い込ませる・努力する

チカラづくでは

本質的に心身はゆるまない。

 

どんな感情も考えも、

持ってはいけないものは一つもないとして、

そのままの自分をまず知るコト。

 

フラットな目で

その自分を見る目が育つほど

 

自分の中に気づきが起こり、

知らずに身に着けた

心を重たくするものは手放される!

 

本音へ一つも蓋をせず、

そのままの自分へ一つもジャッジなく、

観察する練習からはじめよう!

 

o1080020014932366285.jpg

 

⁡★内面から健康を感じ、

心から思いっきり笑って過ごしたい!

 

★自分を知って、どんな自分も認め、

 自分のまんまを生きたい!

 

★自分と大親友&健康になれる

一生モノのヨガの智慧&術を身につけたい!

〜自分を認め、

自分のまんまを生きたいあなたへ〜

鍼やマッサージに行かなくても!

漢方や頭痛薬、睡眠薬なしで!

 

生きる術としてのヨガとヨガ哲学の実践で

心・体の声と繋がり、

自分を知って、自分を癒す。

 

そして本来備わる自律神経の働き、

治癒力を最大限に引き出し、

心からの笑顔と健康へと導きます^^

5年間、心身の声を無視し続け、

何をしても

自律神経の不調や気持ちの波から

卒業できなかった私が

 

鍼/マッサージ/クスリいらずの健康体で

自分を認め、〝自分のまんま”を

生きられるようになった

インド伝統ヨガとヨガ哲学の術。

 

そして、

Q、同じことを日本で、多忙の日々で、

当時のボロボロな自分でも

自分らしく続いて本当に変われるには?

 

と似た悩みを抱える300人以上の方へ

届けながら研究を繰り返し、

磨いてきた『自己知癒ヨガ』メソッド。

 

『ヨガ&ヨガ哲学3か月実践講座』

はその最新版&集大成。

 

お悩みに合わせた

指導やセルフケアの提案はもちろん!

生きる術としてのヨガの本質『ヨガ哲学』

ポーズや呼吸法(調気法)、

内観、自己対話、瞑想まで・・・

 

心・体の波に、もう振り回されない!

自分を認め、自分のまんまを生きる!ための

『自分を知って、自分を癒す』

その術の全てが

詰め込まれた内容になっています。

 

なぜなら心の波も体の波も、

自分の中のことだから。

・誰かに診てもらう

・外からほぐす/抑える

・一時的な気晴らしやリラックス

 

などの表面的/一時的な方法で5年間、

苦しみに時間を使ってしまいながらも、

感覚がマヒしてそこに居続けてしまった私が

私が本当に伝えたいこと。

 

本来、人生はヨロコビだ、ということ。

 

もし今、以前の私と似た心/体の波や

モヤモヤを抱えていたら、

 

1秒でも早くそこから抜けだし、

「自分らしく思い切り笑う笑う時間」⁡「ヨロコビ」

に人生の貴重な時間を使ってほしい。

 

♡幸せになる努力はいくらでも。

♡何度でも、どこからでも。

 

あなたの根っこの部分に潜む

根本解決と向き合ってみませんか?

本気で変わりたい!方を

全力でサポート、応援します!

3BF65CFB-5441-4D92-A075-B40D50992BE7.jpeg

『自己知癒ヨガ』

ヨガ&ヨガ哲学3か月実践講座

<個別説明会&相談会>詳細コチラから♡